Makko.co

トレンド情報満載のユーザー満足度ナンバーワンサイト!

Makko.coならきっとあなたに最適なものが見つかります!
このサイトでは、最新のトレンド商品を大手優良業者のみ厳選し、人気のTOP3を紹介しています。

今話題のトレンド情報

ルイヴィトンとは1854年に作られたフランスのブランドです。ルイヴィトンのブランドを立ち上げたルイヴィトンは1821年にフランスで生まれました。そして最初は旅行鞄を専門に作るお店をオープンさせたのですが、このときは、グリトリアノンキャンバスを使った平たいトランクを販売していました。そしてパリで行われた万国博覧会に出展して、1885年に、イギリスのロンドンにあるオックスフォード通りお店を始めて開きました。1896年にはブランドのコピー商品が出回らないようにするようにということで、モノグラムの柄を使ったデザインを発表したのですがこれが大ヒットして、モノグラム柄が、王族や上流階級の人に大人気になりました。
ルイヴィトンは革製品の小物なども作ることにしました。日本でもその人気は絶大なもので、2002年には、東京の表参道に、ルイヴィトン表参道ビルがオープンしたのですが、このルイヴィトンのお店は、世界最大級の規模を誇っているといわれています。建築家の青木淳さんが立てたのですが、トランクを積んだようなデザインの建物です。
ルイヴィトンは、バッグや小物に限らずジュエリーなども販売していていますし、子供向けのプレタポルテなども販売されています。レディース、メンズなどのアパレルラインなどもありますし、日本では、2008年にメンズフロアが、ルイヴィトン阪急メンズ点としてオープンしています。ルイヴィトンは世界で通用するブランドとして、日本でも絶大な人気を誇っています。

 

 

グッチは1921年に作られたイタリアのブランドです。グッチオグッチが作ったブランドですが、このグッチオグッチは、イタリアのフィレンツエ出身です。1921年にお店をオープンしたのですが、グッチのブランドコンセプトというのは、最上の伝統を最上の品質で過去の良いものを現代に反映させるということで、作られています。品質は間違いないものであるということを保証しているかのように、今まではデザイナーの名前が、ブランド名になることはなかったのですが、世界で初となる、デザイナーの名前でのブランドということでグッチは誕生しました。グッチの中でも自分の名前の頭文字をデザインしているダブルGのモノグラムというのは今でも人気で人気のある商品になっています。
そして日本でもグッチは人気なのですが1999年に青山にグッチ青山店がオープンしました。世界ブランドとして日本でも愛用者が多いのですが、2001年にはボッテガヴェネタを買収しています。
グッチの製品は色々なものがあり、日本でグッチを愛用している人は、財布やバッグなどが手頃な価格で持てるということもあり人気で、ダブルGがデザインされているものなどは、人気です。GGマークの製品を持っている人はとても多く特に、OLや主婦などが愛用しているケースが多いです。他にも緑、赤、の馬の腹帯をデザインしているような色合いのグッチの製品なども人気で、色々と人気製品や人気デザインのものは販売されていますし人気のブランドの一つです。

 

 

コーチは日本でも人気のあるブランドの一つです。アウトレットモールなどでもコーチのお店は出展されており、最大で70%オフくらいの価格で購入できることから、とても手の届きやすいブランドとしてコーチは存在しています。コーチが誕生したのはアメリカです。1941年にアメリカで革小物のブランドとして立ちあがりました。このコーチを立ち上げたのは、マイルズカーンとリリアンという夫婦で下。もともとニューヨークのマンハッタンで熟練の革職人たちが作り始めたのがきっかけで、使えば使うほどいい味が出るような野球のグローブみたいな製品を作りたいということで、手作業で作り始められたのがコーチのブランドです。コーチは1985年に、アパレルの事業などにも参入するようになりました。
日本では2002年に、東京の銀座でコーチ銀座店がオープンしています。その後は様々なアパレル商品を展開したり、コスメなどにも香水を販売して参入していますし、他のブランドやデザイナーとのコラボレーションなども発表しているのがコーチの特徴です。
コーチの中で人気なのはやはりバッグです。様々な形のバッグが販売されていますが、その中でもコーチの基本的なデザインといわれているシグネチャー柄のものはカバンからトランク、財布にキーケースまであらゆるものが展開されていますから人気です。コーチは一番手が届きやすいおしゃれなブランドとしてステイタスを感じて、若者から中高年まで幅広い世代に人気です。

 

 

フェラガモはシューズブランドとして、イタリアで誕生しました。フェラガモが出来たのは、1927年のことでした。このブランドを立ち上げたのはサルヴァトーレ・フェラガモです。イタリアで生まれて、11歳の時に何と靴屋を作り、15歳でアメリカのハリウッド女優の靴を作って、女優たちの間ではスターの靴職人といわれていたんだそうです。そして1927年にイタリアにもどってから、フェラガモのブランドをオープンして今にわたっています。女性のフェラガモのシューズだけでなく、メンズのシューズも1965年から展開されていますし、レディースのアパレルも展開されています。
日本では、2003年に東京の銀座にフェラガモ銀座店が開店しています。日本ではフェラガモの靴はとても人気がありますが、それ以外にもバッグなども人気があります。フェラガモのバッグを愛用している人はとても多く人気のバッグで、わざわざ本場のフランスへ行って購入する人も多いくらいに人気です。フェラガモの靴もバッグも比較的高い値段が付けられてはいるのですが、キャリアウーマン的な女性たちの間ではステイタスの一部として、人気です。フェラガモのバッグや靴、小物などを持っているだけで高級感を感じることが出来ます。ファッションブランドとしても人気があり、とても上品で高級感のあるファッションが人気です。色々なフェラガモ製品が販売されていますが手頃に購入できる財布も愛用者が多いです。

 

 

エルメスは、1837年に出来たフランスのアパレルブランドです。ティエリ・エルメスが作ったブランドなのですが、もともとは高級馬具を作っているお店で下。ナポレオン三世の御用達としても知られています。エルメスのお店がアパレルショップになったのは2代目のエスメスが引き継いでからでウ。パリ万博で馬具部門で優勝しました。そして女優のジェーン・バーキンが希望したリクエストによって作ったのが、かの有名なエルメスのバー金です。そして3代目のエルメスは、ロシア皇帝に馬具を売りこんで、世界でも有名になりました。
そしてエルメスと言えば、ケリーバッグも有名ではありますが、これはグレース・ケリーが妊娠していることを隠すためにバッグでお腹を隠した写真が掲載されたこともあってこれが世界的に有名になり、ケリーバッグという名前で有名になりました。ケリーバッグは、エルメスの中でも特に人気の賞品として販売され、ミニケリーやミニミニケリーなども販売されて、最終的には4種類のタイプのエルメスのケリーバッグが作られていたそうです。
エルメスはバッグ以外にもアクセサリーも展開していますし、香水なども販売しています。スカーフなども人気があり、今でもケリーバッグ、バーキン、そしてプリントされているスカーフなどは世界的にも人気があり不動の人気ということになっています。
日本ではエルメスの路面店などもありますし、銀座には、カフェレストランもあるとのことですから色々と展開されています。

 

 

ティファニーは1837年にチャールズ・ルイス・ティファニーが友達と一緒にアメリカのニューヨークに作った会社で、もともとは装飾品と文房具のお店で下。それから、陶器や骨とう品なども販売していたことが、今までにない販売形態ということもあり、人気を集めました。そして会社が出来てから、ティファニーブルーの今でも有名な箱に商品が入れられるようになって以来、このティファニーというブランドは、とても人気を呼びました。大事なものを包むものの色としてティファニーブルーは有名になりました。このティファニーの箱を飾るリボンですが、ティファニーのリボンをよく見たことがあるでしょうか?このリボンはティファニー・ボウといわれているのですが、綺麗にほどけるようにと考えて作られているリボンです。
ティファニーのカタログは、1845年から作られ続けているのですが、今でもブルーブックという名前で受け継がれています。ティファニーと言えば、10数年前に流行したオープンハートが有名です。今でもティファニーのオープンハートは人気があり、不動のものとなっていますが、それ以外にもジュエリーはとても人気があります。
ティファニーで結婚指輪を選ぶ人や、ティファニーで婚約指輪、プレゼントを選ぶ人も多く、ティファニーブルーの箱に入っているティファニーの製品を女性がもらうととても嬉しいですね。ティファニーは日本でも路面店もありますし、人気のジュエリーブランドの一つです。

 

クリスチャンディオールは、フランスで作られたブランドの一つです。クリスチャンディオールは、ブランドが立ちあがってから、次々に新しい感じのデザインのスタイルが発表されましたから、一時期は流行の神様ともいわれています。パリのオートクチュールの全盛期、クリスチャンディオールはその最先端を行っていたデザイナーです。今あるファッション界の流行が半年サイクルになっているのも、クリスチャンディオールが考え出したことといわれていてそれほどファッション界に絶大な影響を与えたブランドでもあります。
クリスチャンディオールのブランドは、デザイナーも一流であることも影響して、とても華やかなアイテムが色々とそろっています。そして商品の品質についてもかなりレベルが高いとされています。クリスチャンティオールはセレブブランドの一つとしてとても人気があり、ジュエリーなども展開されていますし、それ以外にも、アパレルや小物、バッグなどの展開もありますから、様々な商品が展開されているのもクリスチャンディオールの特徴です。
最初にディオールオムを気に入って、そこかからクリスチャンディオールのブランドを気に入るという人もいるといわれていますので、時代は変わっても、まだまだクリスチャンディオールは人気です。2003年には、日本で表参道にクリスチャンディオールの店舗が誕生し、ネイルカラーコーナーや、エステなどのコーナーなども展開されています。

 

イヴサンローランは、デザインクールでカクテルドレスを発表したところ、優勝したことをきっかけとして、フランス版のヴォーグの編集長をしていた人のところに、母親がイヴサンローランを売り込みに行ったときに、才能が認められました。そしてデザインの学校に入り、最初はクリスチャンディオールのアシスタントとして働いていました。そしてクリスチャンディオールが死去した後に、21歳の時に、後継デザイナーとして、パリコレに出るなど目覚ましい活躍をしていました。その後、イヴサンローランというブランドで徳律しています。2008年にイヴサンローランは死去しているのですが、それまでには色々とデザイナーも変わり、プラダのデザイナーなども着ています。
イヴサンローランはグッチに買収されて、デザイナーも交代するということになったときには、オートクチュールのデザイナーがトム・フォードに代わるのではないかというようなこともあったのですが、周りからも反対があり、オートクチュールラインだけは、イヴサンローランがそのまま継続してデザイナーを続けることになり、プレタポルテについてはトム・フォードがデザインを請け負うことになりました。2002年にはイヴサンローランは現役を引退しているのですが、それとともにオートクリュールについても閉鎖しています。イヴサンローランのファッションは今でも人気で、世界的にも有名な一流ブランドとして名を残しています。

 

 

クロエは、フランスのアパレルブランドですが、1952年に出来たブランドです。クロエのブランドの名前というのは古代キリシア恋愛小説のダフニスとクロエにまつわる牧人風のレスボスの物語の中に出てくるバレエ音楽のダフニスとクロエからつけられたとされています。カールラガーフェルドをディレクターにして、ブランドは進められたために、クロエは人気を博してきました。そして香水なども販売していますし、アパレルや小物など様々な商品を展開してきました。クロエはバッグなども人気がありますし、ファッションアイテムなども人気があります。それだけでなく、最近はクロエの財布を持っているという人も多く、芸能人なども多数愛用していることから、クロエのアイテムは日本でもかなり人気です。
クロエのアイテムは比較的高い値段で販売されていますから、誰でも手軽に購入できるというブランドではないものの、それでも今日本でクロエを愛用している人は多いのが現状です。クロエのブランドの中でも特に人気があるものとしては、やはり財布などの小物のアイテムが人気です。
クロエの賞品は偽造品なども出回っているようですから、よく確かめたうえで、できるだけ信頼できる店舗で購入する、直営店などで購入するなどした方がいいかも知れません。偽造品だとわかって購入している人はまだいいですが、同じ値段でもしかすると偽造品を購入させられているケースもありますので、クロエは人気のブランドだけに注意しなければいけないと思います。

 

 

フェンディは人気があるブランド一つですが、もともとフェンディ負債がローマに革製品のお店として立ち上げたのがきっかけでした。フェンディはハリウッドで当時はやっていた毛皮の襟巻に着眼して、毛皮のコートを売ったことがきっかけでブランドとして成功するようになりました。それ以来、イタリアの女性はフェンディをステータスに感じて持つようになったことも事実です。フェンディには娘が5人いたのですが、それぞれが、ブランドを引き継いでいますが、カール・ラガーフェルドを主任デザイナーとして迎え入れるなどしています。クロエとも契約をして、シャネルのデザイナーとしても活躍しています。フェンディが安定しているデザインで人気を博したのはカールラガーフィールドのおかげともしています。
フェンディは毛皮がとても有名ですが、フェンディと言えば、マネキンに毛皮のコートがかけられていて、大きなお店で高級感がある店内としても知られています。フェンディはカバンや小物以外にもアパレルなども人気があり、アパレルの中でも、とくに、綺麗なラインが出るスーツなどは人気があります。
他にもラガーフェルドが考えたコートの上ラジにフェンディのFの文字を組み合わせて作られたモノグラムの素材をバッグに使うことで、これが今のフェンディのモノグラムとして人気を集めました。日本でもフェンディのモノグラム柄の製品はとても人気で、色々な製品が展開されていますが愛用者も多いのが特徴です。

 

 

シャネルは1909年に出来たフランスのブランドです。ガブリエル・シャネルが作ったブランドで、フランスで育ったカブリエル・シャネルは、修道院で育ったのですが、ココシャネルという名前で呼ばれていました。このココシャネルのCCのモノグラムがシャネルの人気デザインの由来になっています。シャネルのブランドが展開されたきっかけになったのは、パリのカンボン通りに、帽子専門店のシャネルモードを作ったことがきっかけでした。それ以来、クチュリエールと彼女は、オートクチュールを展開していました。その当時黒い色の服というのは喪服だけとされていたのですが、シャネルはこのファッション界の黒い色を始めて喪服以外に利用したデザイナーとしても有名です。
シャネルの考えとしては、色を色々と使えば使うほど醜くなるという考えでしたからできるだけシンプルで、シックな感じのファッションが多く展開されてきました。それまでは下着に利用されていたジャージ素材なども、スーツに利用するなどかなり斬新な発想で色々と製品を展開しています。それまで女性はスカートが主流だったのですが、今のようにパンツを履くということについても、シャネルがブランドとして広めたといわれています。
シャネルでも、クロエやフェンディで活躍していたカール・ラガーフェルドがデザイナーとして就任しています。日本でもシャネルファンは多くバブル時代には猫も杓子もシャネルというような時代もありました。

 

 

プラダはイタリアのアパレルブランドの一つで1913年に作られたブランドでもあります。マリオ・プラダとフラッテリ・プラダの兄弟が立ち上げたブランドで、イタリアのミラノで革製品のお店として最初は出来たのですが、それからブルジョワでも話題になったことがきっかけで、イタリア王室の御用達にもなったブランドでもあり有名です。1958年にマリオ・プラダがなくなったことや時代にそぐわなかったことなどもあって、プラダのブランドは少し低迷していた時期もありましたが、それから20年がたった1978年に、孫のミウッチャプラダが、引き継いだことでプラダのブランドは変わり始めました。シューズの展開もありましたし、レディースウェアなどの展開もされたことから、プラダは復活に兆しを見せ始めました。
そしてポコノと呼ばれるとても強くて軽い、工業用防水記事を使ったナイロンの素材で作られているバッグやポーチなどが、とても人気を博して、プラダと言えば黒いナイロン素材ともいわれるくらいに人気になりました。1993年にはセカンドラインとなっているミュウミュウというブランドも立ち上げられ、メンズラインなども展開、そしてプラダのスポーツラインなども展開されたことから、プラダは次々に新しいブランドを立ち上げていきました。上品な感じの商品から、ナイロン素材まで色々と展開されていますが、特に日本ではナイロンの製品が人気があります。ナイロン製品の財布やリュック、バッグを何個も持っている人もいるくらいに愛用者が多いのが特徴です。

金融 脱毛 育毛 車関連 生活 求人 宅配水 買取 健康 美容 借金 インターネット 出会い